ネット懸賞・モニターを始めるにあたってSNSは必須?

モニターいろは
スポンサーリンク

 

モニターとは企業から送られてきた商品を実際に使ってみて、意見や感想を伝えることをいいます。
そして出来ることなら、企業にだけでなく、世間にその意見を発信することを期待されています。

わたしたち一般人が自分の意見を拡散するには、SNSが有効ですよね。
そのためモニターとして選ばれるには、SNSを持っていることが大事!

有名どころはTwitter・Facebook・Instagram・ブログの4つでしょうか。

既にSNSを利用している人も多いと思いますが、それぞれのSNS参入難易度についてみてみましょう。

 

 

Twitter
数億人が利用している、言わずと知れた超有名SNSですね。
無料で利用できるし、アカウント登録が簡単なので、既に持ってる人も多いはず。
Tweet内容や目的によって複数アカウントを使い分けることもできます。
日常アカウントと混ざるのが嫌なら、懸賞専用アカウントを新たに作ってもいいですね。

 

 

Instagram
Instagramも無料かつ登録が簡単で、利用してる人が多いです。
オシャレな写真がメインのSNSは、モニター商品の良さをぱっと見で伝えやすい!
最近ではオススメの化粧品や流行りの服を、Instagramで検索する人も多いので、モニター投稿と非常に相性が良いです。

 

 

Facebook
実名登録が基本のFacebookは、Twitterやインスタグラムに比べるとちょっとハードルが高いと感じる人が多いんじゃないでしょうか?
偽名でも一応登録は出来るけど、アカウント停止の恐れがあります。
「せっせと懸賞やモニターをしてる姿をリアルの知り合いにわざわざ見せたくない!」
と思う人も、多いはず。
なのでFacebookまでモニターサイトに連携している人はあんまりいないんじゃないかなって思います。

 

 

ブログ
Facebookほどではないかもしれないけど、ブログもまた難易度が高いです。
元々ブログをやってる人なら渡りに船って感じに好都合!
だけどモニターや懸賞を当てたいがためにブログを始めるのは、あまりにハードルが高い…。
わたし自身も「モニターのためにブログ…?」
ってちょっと引き気味でしたが、モニターを機に挑戦してみることにしました。

 

 

ブロネットやモニプラを見る限り、最低でもTwitterかInstagramがあれば懸賞やモニターの応募に困ることはなさそうです。
ただ、拡散手段を多く持ってるほど、有利なのは懸賞応募条件などから見ても間違いありません。

まだ持っていないアカウントがあれば、それぞれの登録方法を簡単に解説しますので、開設してみてくださいね。

コメント